男性用の育毛剤のメリットデメリット

育毛剤で抜け毛減少・育毛が期待できる

男性の頭皮はオイリーでベトベトしやすく、また男性ホルモンの影響を強く受けるため前頭部・頭頂部が薄くなりやすいです。側頭部や後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくいので薄毛リスクは低くなっています。男性用の育毛剤のメリットは皮脂分泌を抑制し、毛穴のつまりを予防することです。毛穴に皮脂がつまると育毛剤の浸透力自体が低下するので、常にきれいにしておく必要があります。育毛剤は育毛シャンプーと併用するとさらに効果的で、抜け毛を抑えてヘアサイクルを正常にしてくれるでしょう。育毛対策の順番は抜け毛を減らすことが第一で、次いで髪を育てていくことです。男性用の育毛剤は血行促進をさせる作用もあり、血行不良による栄養不足を解消するためにも役立ちます。頭皮が硬くなっている男性は薄毛になりやすいので、将来の薄毛予防のために育毛剤を使用するのがおすすめです。

長期的に使用しないと実感できない

育毛剤は魔法の薬ではなく、1日で髪が復活することはありえません。育毛剤で育毛を実感するためには6ヶ月以上は使用するのが好ましく、金銭的に負担となるのがデメリットと言えます。育毛剤の相場は5,000円~1万円程度で、育毛シャンプーと比較しても2~3倍ほど高額です。育毛剤を使用しても効果を実感できない男性は、短期間しか使用していないケースが多いです。ヘアサイクルは数日で変わるものではなく、抜け毛を減少させるまでにも数週間はかかると考えてよいでしょう。男性用の育毛剤には医薬部外品のほかに医薬品があり、後者には副作用があります。第一類医薬品の育毛剤は特に副作用が発生しやすいため、購入するためには薬剤師の許可を得る必要があります。